ReactでMongoDBから日付や時間でフィルタリングしたデータを取得

mongodb-filtering
  • URLをコピーしました!

この記事では、これまで紹介してきたReactMongoDBの技術を応用して、特定の条件を満たすデータを取得するソースコードを詳しく解説します。
実際にNode.jsで動作するReactアプリケーションで、MongoDBからデータを取得するための具体的なサンプルコードや手順を紹介します。

目次

現在から〇時間より前のデータを取得

以下のコードは、ReactMongoDBからデータを取得し、「create_dt」が現在時刻から3時間より前のものだけを抽出するための修正を含んでいます。

この修正により、指定された条件(「create_dt」が現在時刻から3時間より前)を満たすドキュメントのみが抽出されます。

解説

まずはnew ObjectId(user_id)を使用してMongoDBのObjectIdを生成し、ユーザーIDをMongoDBのObjectIdとして扱えるようにします。

次にnowDateを基準にして、現在時刻から3時間前の時刻を計算しています。
最終的に$matchステージでデータを抽出する際に、3時間以内のデータを対象としています。
日時の操作については以下の参考サイトをご覧ください。

$matchステージの$lte演算子は「less than or equal」を意味し、指定された時間よりも前のデータを取得します。
MongoDBでよく使われる比較演算子はこちらをご確認ください。

最後にawaitを使用して非同期処理を行っています。
MongoDBへのクエリ実行など、非同期処理が発生する場面では必須です。

まとめ

この記事では、ReactMongoDBを使用してデータをフィルタリングする方法を解説しました。
具体的なコードや手順を通じて、理解しやすい形で紹介しました(つもりですw)。

MongoDBのアグリゲーションパイプラインを使用してフィルタリング
  • ○時間前を計算
  • $matchステージの$lte演算子を使用
  • awaitを使用した非同期処理でデータを取得

以上、これでデータを効率的に取得する方法について理解が深まったと思います。

著:じゃけぇ(岡田 拓巳)
¥2,574 (2024/06/14 11:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
著:目黒 聖
¥2,200 (2024/06/10 16:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次