Windows11 Homeでリモートデスクトップ接続する方法(図解)

windows-home-remote-desktop
  • URLをコピーしました!

WindowsHome版とPro版では機能に違いがありますが、そのうちのひとつがリモートデスクトップ接続です。
Windows Homeはデフォルト設定で、リモートデスクトップ接続が許可されていません。
しかし、RDP Wrapper Libraryを使用すれば、簡単に接続許可ができます。

そこで今回は

  • RDP Wrapper Libraryとは?
  • Windows Homeでリモートデスクトップ接続を行う方法

について解説します。
なお、Windows11を使って実演しますが、Windows10も同様の方法でリモートデスクトップ接続が可能です。

目次

RDP Wrapper Libraryでリモートデスクトップ接続制限を解除

RDP Wrapper Library
RDP Wrapper Library

RDP Wrapper Libraryとは、Microsoftが制限しているリモートデスクトップ機能を解除するオープンソースソフトウェアです。
GitHub上で公開されており、主にWindows Homeリモートデスクトップ機能の制限を解除するために使われます。
ただしMicrosoftが公式にサポートしていないため、自己責任で使用する必要があります。

WindowsHomeでリモートデスクトップを行う方法

以下、RDP Wrapper Libraryを使ってWindows Homeリモートデスクトップ接続の制限を解除する方法について解説します。

RDP Wrapper Libraryのダウンロード

まずは、RDP Wrapper Libraryをダウンロードするため、以下にアクセスします。

RDP Wrapper Libraryのダウンロード
RDP Wrapper Libraryのダウンロード

RDPWrap-vX.X.X.zip」をダウンロードします。
※Chromeだとダウンロードがブロックされる可能性があるため、Edgeなどを利用しましょう。

全て展開する
全て展開する

右クリックから「すべて展開」を選択します。

任意の場所に展開
任意の場所に展開

展開」を選択します。

RDP Wrapper Libraryのインストール

フォルダを開く
フォルダを開く

展開したフォルダを開きます。
install.bat」を選択し、右クリックから「管理者として実行」を行います。

install.batを実行
install.batを実行

コマンドプロンプトの画面が表示されます。
何かキーを押して下さい。

update.batを実行
update.batを実行

次に「update.bat」を管理者として実行します。
この時もコマンドプロンプトの画面が表示されます。

RDPConf.exeを実行
RDPConf.exeを実行

RDPConf.exe」を選択し、右クリック⇒「管理者として実行」を行います。

インストール完了したら画像左のように【Listener state: Not listening / not supported】と表示されます。
※画像右のように【Listener state:Listening/ fully supported 】と表示されればリモートデスクトップ接続が可能な状態です。

リモートデスクトップサービスの停止

コンピュータの管理
コンピュータの管理

スタートボタンを右クリックし、「コンピュータの管理」をクリック。

リモートデスクトップサービスの停止
リモートデスクトップサービスの停止

サービスから「Remote Desktop Service」を選択し「サービスの停止」をクリック。

ndpwrap.ini ファイルのダウンロードと配置

↑上記リンクを右クリックし「名前をつけて保存」を行います。

ndpwrap.iniを移動する
ndpwrap.iniを移動する

ndpwrap.ini」がダウンロードされているため、C:Program Files¥RDP Wrapperの中に、「ndpwrap.ini」を移します。

ファイルを置き換える
ファイルを置き換える

ファイルを置き換える」を選択します。

リモートデスクトップサービスの再開と接続確認

リモートデスクトップサービスの起動
リモートデスクトップサービスの起動

再度コンピュータの管理を開き、「Remote Desktop Services」の「サービスの再開」を行います。

RDPConf.exeを実行
RDPConf.exeを実行

RDPConf.exe」を選択し、右クリックから「管理者として実行」を行います。

接続確認
接続確認

上画像のような状態になっていたら、リモートデスクトップ接続が可能な状態です。

リモートデスクトップ接続
リモートデスクトップ接続

Microsoft Remote Desktop」を使って、Macからのリモートデスクトップ接続に成功しました。

まとめ

今回の記事の手順をふめば、WindowsHomeでもリモートデスクトップ接続ができるようになります。

テレワーク、リモートワークが求められる中で、リモートができずに困っている人も多いのではないでしょうか?
Windows Homeリモートデスクトップ接続を可能にするために、記事を参考に設定を行ってください。

著:五十嵐 貴之
¥4,200 (2024/04/19 10:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次