Studio 3TからのDocumentDB接続エラー(301)の原因と対策

studio3t-documentdb-301
  • URLをコピーしました!

最近、Studio 3Tのアップデートをすると、AWSDocumentDBに接続できなくなりました。
今回の記事は、Studio 3TからDocumentDBに接続しようとした時に発生した「Mongo Server error (301)」というエラーについて詳しく解説します。
Studio 3TからDocumentDBへの接続方法については、以下をご参照ください。

目次

Mongo Server error (301)エラーの原因

Mongo Server error (301)」は、接続試行時にターミナルに表示されるエラーメッセージです。
具体的には以下のような内容です。

このエラーは、MongoDBRetryable Writesがサポートされていないというものです。
Retryable Writesは、トランザクションが中断された場合に再試行できる機能ですが、このエラーによりその機能が無効になっていることを示しています。

対策1:retryWritesを無効にする

このエラーを解消するためには、Studio 3Tからの接続設定において「retryWrites」をfalseに設定する必要があります。
retryWrites」の設定は、デフォルトではtrueになっており、これが再試行可能な書き込みを試みる原因となっています。
設定の変更方法は以下の通りです。

設定方法
  1. Studio 3Tを開きます。
  2. 「Connect」タブを開き、接続設定の項目を見つけます。
  3. 「retryWrites」の欄を見つけ、「false」に変更します。
  4. 設定を保存し、再度接続を試みます。

このようにして、「retryWrites」の設定を変更し、再試行可能な書き込みを行わないようにすれば、エラー301は表示されなくなるはずです。

対策2:DocumentDBの設定を変更する

使用しているDocumentDBの設定を確認し、Retryable Writesが無効になっていることを確認してください。

接続文字列のretryWrites=falseretryWrites=true に変更することで、Retryable Writesを有効にできます。
DocumentDBクラスターのパラメーターグループやクラスター設定を調整することが必要かもしれません。

まとめ

今回の原因は、AWSDocumentDBの設定では「retryWrites」が無効になっているのに対し、Studio 3Tの設定ではデフォルトで有効になっていたのが原因でした。
対策としては、単純にStudio 3T側の接続設定で「retryWrites」をfalseにするだけですね!

これらの手順を試しても問題が解決しない場合は、AWSのドキュメンテーションやサポートセンターに問い合わせして、DocumentDBの特定の設定に関する情報を入手すると良いでしょう。

以上がStudio 3TからのDocumentDB接続エラー301に対する原因とその対策についての解説です。
これを読んで、皆さんがこのエラーに遭遇した際にはスムーズに対応できることを願っています。
また、何か新しい問題や疑問が発生した際には、遠慮なくコメント欄にてお知らせください。

著:佐竹 陽一, 著:山﨑 翔平, 著:小倉 大, 著:峯 侑資
¥3,234 (2024/05/18 08:02時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次