VSCodeのGitコミットで発生するエラーの原因と対処法

git-commit-error
  • URLをコピーしました!

Visual Studio Code(以下、VSCode)を使って、Gitコミットしようとした際に、

Git の “user.name” と “user.email” を構成していることを確認してください

というエラーが表示されたことはありませんか?
このエラーは、Gitの設定に関連する問題が原因で発生します。
本記事では、このエラーが表示される原因と具体的な対処法を詳しく解説します。

目次

エラーの原因

出典:Zenn

というエラーが表示されるのは、Gitの設定が適切に行われていない場合です。
Gitは、コミットした人のユーザー名メールアドレスを正しく設定する必要があります。
このエラーが表示されると、Git正しいユーザー情報を取得できないため、コミットが中断されます。

管理者

以前は使ってたのに…
別のプロジェクトでしばらくGitを使っていなかったからスネたのか?w

エラーの対処法

以下の手順に従って、エラーの対処を行いましょう。

Gitのユーザー名とメールアドレスを設定する

まず最初に、Gitユーザー名メールアドレスを設定する必要があります。
Gitでは、これらの情報を使ってコミット履歴を作成します。

ターミナルまたはコマンドプロンプトを開きます。
次のコマンドを入力して、現在のユーザー名を確認します。

ユーザー名が表示されない場合は、以下のコマンドを使ってユーザー名を設定します。

"Your Name"の部分は、自分のユーザー名に置き換えてください。

次に、以下のコマンドを入力して現在のメールアドレスを確認します。

メールアドレスが表示されない場合は、以下のコマンドを使ってメールアドレスを設定します。

"your-email@example.com"の部分は、自分のメールアドレスに置き換えてください。

変更をコミットする

ユーザー名メールアドレスが正しく設定されたら、再度変更をコミットしてみましょう。

変更をコミットする手順
  1. VSCodeを開きます。
  2. 変更を行ったファイルを選択し、ソースコントロールパネルを開きます。
  3. コミットメッセージを入力し、コミットボタンをクリックします。
  4. エラーが表示されず、正常にコミットが完了すれば、問題は解決されています。

まとめ

本記事では、Git の "user.name" と "user.email" を構成していることを確認してくださいというエラー原因と対処法について解説しました。

エラーが表示される場合は、Gitユーザー名とメールアドレスが適切に設定されているか確認しましょう。
設定がされていない場合は、手順に従って設定を行ってください。
正しく設定されれば、エラーが解消され、コミットが正常に完了します。

Gitの設定は、コミット履歴や変更の追跡に関わる重要な情報です。
適切に設定することで、チームでの作業やバージョン管理がスムーズに行えます。
ぜひ、この対処法を参考にして、VSCodeでのGit作業を快適に行ってください。

著:リック・ウマリ, 翻訳:吉川邦夫
¥1,804 (2024/04/16 04:09時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次