WordPressの投稿ステータスをデータベースで変更する方法

wp-post-status
  • URLをコピーしました!

長らくWordPressを利用して記事を書いていますが、初めて奇妙な現象が発生しました。
それは、投稿ステータスを「公開」にしようと変更したのに、下書き状態から一向に変わることはありませんでした。
原因は不明でした。ただのバグだと思います。
そこで今回は、WordPressの管理画面からではなく、直接データベースから記事のステータスを変更する方法をご紹介します。

目次

記事のステータスが変更できなくなった原因

一言でバグと言っても、著者にはステータスが変更できなくなる前の思い当たる行動があります。
それは、一旦間違えて公開してしまった後、すぐにステータスを変更して下書きに戻しました。

管理者

たったそれだけ。それだけだったのに…(泣)

その後に起こった現象で、ネットで検索しても何も情報が出てこなかったので、何かプラグインがらみのバグなのかなと思った次第です。

とにかく、このままでは記事のステータスが変更できないので公開することができません!
これではWordPressを使っている意味がなくなってしまいます。。

記事のステータスを変更する方法

この記事を書いていて思ったのですが、下書きに残っているなら、下書きの内容を新規投稿コピペするだけで良い話でしたね。
ですが、データベースの中身を見る良い機会でしたので、今回紹介したいと思います。

WordPressの公開ステータス

データベースを見る場所は、wp_postsテーブルpost_statusカラムになります。
ステータスの文字列によって意味が異なりますので以下を参考に。

WordPress がデフォルトで使用する 8 つの投稿ステータスがあります。公開済 (publish)
誰でも見ることができます。予約済 (future)
未来の日付に公開を予定されています。下書き (draft)
適切な ユーザーレベル を持つユーザーが見ることができる、未完成の投稿です。訳注:edit_others_posts 権限を持つユーザー(普通は 編集者 権限グループを割り当てられたユーザー)。承認待ち (pending)
publish_posts 権限を持つユーザー(普通は 編集者 権限グループを割り当てられたユーザー)による公開を待っています。非公開 (private)
管理者レベルの WordPress ユーザーだけが見ることができます。ゴミ箱 (trash)
ゴミ箱の中にある投稿は trash ステータスを割り当てられます。自動保存 (auto-draft)
編集中に WordPress が自動的に保存した リビジョン です。継承 (inherit)
子の投稿(添付ファイル/en や リビジョン)に割り当てられ、実際のステータスは親投稿のステータスによって決まります。

引用:投稿ステータス – WordPress Codex 日本語版

つまり、下書き状態(draft)を公開済(publish)に変えてあげれば良いだけでした!
ありがとうございました。

著:野島 祐慈, 著:菱川 拓郎, 著:杉田 知至, 著:細谷 崇, 著:枢木 くっくる
¥3,278 (2024/05/22 09:01時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次