LinuxでApacheのAliasを設定して複数のサイトを公開する

apache-alias

LinuxApacheをインストールすると、デフォルトのDocumentRootは以下の場所になります。

/var/www/html

ただし、これだと1つのWEBサーバーに対して1つのサイトしか公開できません。
複数のサイトを公開する場合、サブディレクトリサブドメインの2種類の方法があります。
今回はApacheAliasを設定して、DocumentRoot以外のサブディレクトリを複数のサイトとして公開する方法をご紹介します。

ApacheのAliasを設定

Alias専用のconfファイル作成

直接httpd.confに書くと可読性が悪くなるので、Alias専用のファイルに分けて書くことにします。
まずはhttpd.confを開き、

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下の設定があることを確認します。

IncludeOptional conf.d/*.conf

設定がない場合は追記、コメントアウトされている場合は有効化してください。
これは、/etc/httpd/conf.d以下にある全ての.confファイルの設定を読み込むという意味です。では、早速ファイルを作成します。
ファイル名は任意ですが、末尾に必ず.confを付けましょう。

vi /etc/httpd/conf.d/alias.conf

次は作成したファイルにそのままAlias設定を記述していきます。

サブディレクトリを設定

参照したいサブディレクトリのパスをAliasDirectoryに記述します。

Alias /sample /var/www/sample
<Directory "/var/www/sample">
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

解説

Aliasは以下のように設定します。

Alias [公開URL] [参照するサブディレクトリ]

指定した[公開URL]はサイトのサブディレクトリとして、このようなURLで参照することができます。

http://example.com/sample

[参照するサブディレクトリ]にはDocumentRoot以外の公開したいサブディレクトリをフルパスで設定します。

<Directory "[参照するサブディレクトリ]">
・・・
<Directory>

Directory内の記述は別途お調べください。
次回はAliasを使った応用編をご紹介する予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

Amazon プライム対象
タイトルとURLをコピーしました