Ubuntuのupgradeで「以下のパッケージは保留されます」と表示される

apt-upgrade-error
  • URLをコピーしました!

現在、およそ月1回は自宅サーバーのメンテナンスをするように心がけています。
Ubuntuサーバーで、いつもaptコマンドupgradeをしているのですが、Ubuntu 22.04アップグレード下辺りから、以下のメッセージが表示され、アップグレード保留されるパッケージが出てきます。

そこで今回は、Ubuntuアップグレード中に「以下のパッケージは保留されます」のメッセージが表示された場合の4つの対処法をご紹介します!

目次

メッセージの内容

Ubuntuアップグレードコマンドを実行すると、以下のようなメッセージが表示されます。
パッケージ名や保留されているパッケージの個数は、ご自身の環境に置き換えてください。

こちらの例では、4つのパッケージがアップグレードされずに保留になっています。

原因と対処法

このエラーメッセージは、Ubuntuパッケージマネージャーapt)が依存関係の解決中に問題が発生したことを示しています。
次のいずれかの操作を実行することで解決する可能性があります。

保留されたパッケージを手動でインストールする

上記のように保留されたパッケージ名が表示されますので、パッケージ名を指定して手動でインストールします。

保留されたパッケージを削除する

保留されたパッケージが不要だと判断できるのであれば、削除してしまいましょう。

システムの不要なパッケージを削除して、問題を修正する

または、autoremoveオプションを利用すると、不要なパッケージを自動で削除できます。

システムキャッシュをクリアして問題を修正する

もし、aptキャッシュに問題がある場合は、以下のようにキャッシュをクリアしてから、再度アップグレードをしてみましょう。

まとめ

つまり、upgradeオプションを使って自動でアップグレードすると壊れる可能性があるので、ご自身で確認して自己責任で手動で入れてね!ということだと思います。
そして、もし使用していないパッケージであれば、削除して整理する。
また、パッケージ管理するaptキャッシュに問題があるなら、一度クリアして試してみる。

いずれかの対処法を試してみれば、パッケージの保留問題は解決しそうですね!

著:中島 能和
¥3,762 (2024/04/07 17:42時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次