Gitでフォルダ内の全ファイルとフォルダのみを.gitignoreする方法

git-gitignore-folder
  • URLをコピーしました!

ソフトウェア開発において、コードの管理は不可欠ですが、中にはプッシュしたくないファイルフォルダも存在します。
特に、ビルドなどの中間生成物を含むフォルダは、リポジトリに含めることなく、そのままプッシュしたいことがあります。
この記事では、Gitを使用して特定のフォルダをプッシュする際に、その中身を無視する方法を詳しく説明します。

目次

フォルダ内の全てのファイルを.gitignoreする

まずは、リポジトリルートディレクトリにある.gitignoreファイルを開き、新しく作成するか既存のファイルを編集します。
そして、無視したいフォルダの指定するために.gitignoreファイル内に以下の行を追加します。

これにより、特定のフォルダ内の全てのファイルが無視されます。
編集が完了したら、.gitignoreファイルを保存します。

また、ターミナルで次のコマンドを実行して、既にトラッキングされているファイルを一時的に削除します。

このコマンドにより、フォルダとその中身がトラッキング解除されますが、ファイル自体は削除されません。

あとはいつもと通りに.gitignoreファイルの変更をコミットして保存します。

これで.gitignore設定が有効となり、フォルダの中身を含めずにプッシュできます。

フォルダ全体を.gitignoreする

上記と同じように.gitignoreファイルを開きます。
.gitignoreファイル内に以下の行を追加します。

これにより、指定したフォルダ全体が無視されます。

ここから先は上記と全く同じですので、少し省略して記載します。

まとめ

Gitを使用してフォルダの中身を無視しつつプッシュする方法は、プロジェクト管理において非常に役立つテクニックです。
特にチームで開発をする場合では、このように適切に設定することで、無駄なファイルやビルド生成物をリポジトリに含めず、効率的な開発を進めることができます。

著:リック・ウマリ, 翻訳:吉川邦夫
¥1,804 (2024/04/16 04:09時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次