Laravelの画像加工用パッケージ「Intervention Image」が素敵すぎる!

larave-intervention-image
  • URLをコピーしました!

今回ご紹介するのは、画像編集ソフトを使わずに、プログラムだけで簡単に画像加工ができるようになるLaravelパッケージIntervention Image」です!
なぜ、これを使おうと思ったかと言うと、以前紹介したPWAのアイコンやスプラッシュ画像を一括で作成するツールがあるにはあるのですが、自分好みに作りたかったからです。

また、写真を販売する際に一括でウォーターマークを入れるのにも使えそうです。

目次

Intervention Imageのインストール

システム要件

Intervention Imageでは、正しく動作するために以下のコンポーネントが必要です。

  • PHP >= 5.4
  • Fileinfo Extension

そして、次のどちらかのライブラリを有効にしてください。

  • GD Library (>=2.0)
  • Imagick PHP extension (>=6.5.7)

Laravelでパッケージを利用する

まずは、Composerを利用してIntervention Imageをインストールします。
php composer.phar require intervention/image次に、config/app.phpを開き、providersaliasesに1行ずつ追加します。

最後に、デフォルトではGDライブラリを使用するようですが、Imagickに切り替える場合は以下のartisanコマンドを実行して、

設定ファイルを(config/image.php)このように書き換えます。

Intervention Imageの使い方

Controller側で呼び出して、

こんな感じで使います。

詳しい使い方については、全APIが掲載されている公式サイトを参考に。

ちなみに、リサイズしてウォーターマークを挿入する場合はこんな感じです。

他にもたくさん便利な機能があります。
色々試してみたいです!

著:山崎 大助
¥3,300 (2024/05/16 06:46時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次