iOSにも対応したService Workerを使ってPWAの基礎を学ぶ

pwa
  • URLをコピーしました!

やっと、iOS 11.4Safari 11.1)からPWAProgressive Web Apps)に対応しました!
簡単に何ができるかと言うと、WEBアプリオフラインでも動作するネイティブアプリのように振る舞うことができるようになりました。
これを利用すると、Appleに開発者の年間登録費を払わずに済みますし、Apple StoreGoogle Playを通さなくても自由に公開できます。
また、SwiftJavaに囚われることもなく、好きなプログラミング言語で自由に開発できます。

目次

Service WorkerとPWAの基礎知識

まずは、Service WorkerPWAについて少し触れておいてください。
実装するだけなら簡単ですので、こんなものなのかぁ~程度で良いと思います。

Service Workerとは?

Service Workerバックグラウンドで実行するスクリプトです。
オフラインでも動作するWEBアプリを実現することができます。

PWA(Progressive Web Apps)とは?

Service Workerを利用して、WEBアプリAndroidやiOSのネイティブアプリのように使える仕組みのことです。
PWAを実装することでプッシュ通知やホーム画面へのアイコン追加など、アプリの特徴的な機能をWEBサイトに持たせる事ができます。

PWAの基礎を作る

それでは早速、PWAの基礎を作ってみましょう。

準備するファイル

PWAを作るには、Service Workerを始め以下のファイルを作成してHTMLに記述する必要があります。

ファイル名説明
manifest.jsonWEBアプリのマニフェスト。
ホーム画面追加時の設定をする。
service-worker.jsバックグラウンドで実行するスクリプト。
オフライン時の処理(キャッシュなど)をここに書く。
favicon.icoブラウザ用のファビコン。
apple-touch-icon.pngホーム画面に追加するアイコン。
launch.pngアプリ起動時のスプラッシュ画像。
PWAに必要なもの

各ファイルをHTMLに組み込む

manifest.json

JSON形式のファイルです。
ホーム画面などにウェブアプリサイトを表示する方法を制御し、ユーザーが起動できる対象や起動時の外観を指定することができます。
サイトのブックマークを端末のホーム画面に保存することができます。
HTMLファイルには、headタグ内にlinkタグで記載します。

HTML側では以下のように呼び出します。

manifest.json内のオプションについては以下を参考にしてください。

service-worker.js

Service Workerを利用するには、HTTPSローカルの環境が必要になります。
ここ紹介するPWAは、オフライン操作を想定していませんので空でも構いませんが、基本的なパーツだけ記述しておきます。

内容は以下を参考に後から追加してくださいね!

アイコン・スプラッシュ画像

出典:Designing Native-Like Progressive Web Apps For iOS – Appscope – Medium

manifest.jsonをご紹介した時点でもうお気付きだと思いますが、以下の3つの画像デバイスOSに合わせて複数用意しなければなりません。
特に注意していただきたいのがスプラッシュ用の画像です。
これは、manifest.jsonに設定した内容があれば、Androidなら不要なのですが、iOSの場合はデバイスのサイズに合わせて複数用意する必要があります。
それでは、3つの画像の指定方法についてご紹介していきます。

favicon.ico

以前は、サイズ16×16で拡張子が.icoのアイコンファイルが主流だったのですが、現在では、32×32で透過できる.pngファイルを利用することが多いようです。.icoの場合

複数のサイズを指定すると以下のようになります。

.pngの場合

また、以下のように複数のサイズアイコンを1行で指定することもできるようですが、綺麗に拡大・縮小されるかはクライアント側に依存するようです。

apple-touch-icon.png

iOSの場合
こちらは、iOSホーム画面に表示する用のアイコンになります。
例として様々なサイズを指定していますが、基本は152×152があれば良いようです。

AndroidとChromeの場合
AndroidChromeでは、192×192サイズが推奨されているようなので、1つ用意するだけで良いでしょう。
書き方はファビコン.png版と同じです。

launch.png

前述の通り、iOS用のスプラッシュ画像として必要になります。
Androidでは、manifest.jsonで指定した背景色(background_color)にアイコンが表示される仕組みになっているのですが、iOSでは全画面表示用の画像を作らなければなりません。
それも、デバイス別に解像度が異なるので、複数作成しなければなりません。
そこで、アイコンからスプラッシュ画像まで一括で作成してくれる「App Image Generator」が便利です。

アイコンだけなら、日本語にも対応していて、manifest.jsonまで作成してくれるこちらがオススメ!

画像を作ったら、HTMLに設定しましょう。

参考サイト

参考サイトにサンプルコードがありましたので、ぜひ確認してみてください。

WEBの可能性が広がりました。
後は、Safariでもプッシュ通知に対応してくれれば完璧ですね!

著:町田 耕, 監修:TechAcademy
¥2,458 (2024/07/07 18:03時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次