Linuxで引数(パラメータ)付きのPHPコマンドを実行

linux-php-command
  • URLをコピーしました!

Linux上でPHPコマンドを実行する際、他のコマンドと同様に引数を付けることが可能です。
プログラミング初心者からエキスパートまで、Linux上のPHPコマンドを使用している方は多くいますが、実行時の引数やパラメータの扱い方法について知識不足があります。
この記事では、Linux上で引数などのパラメータ付きのPHPコマンドを実行する方法について説明したいと思います。

目次

PHPコマンドを実行

コマンドPHPのスクリプトファイルを実行するには、phpコマンドの後ろに半角スペースで実行するファイルパスを指定します。
引数を指定して実行するには、さらにその後ろに半角スペース区切りでパラメータを追加します。

仮に、script.phpというファイルを作成し、これに3つの引数を付けてコマンドで実行すると、以下のようにな書き方になります。

コマンドの引数(パラメータ)を取得

LinuxPHPコマンドで実行された引数取得するには、実行されたスクリプトファイル内で定義済みの変数を使用します。
定義済みの変数を使った取得方法は2つあります。

引数を取得する定義済みの変数
  1. $argv・・・スクリプトに渡された引数の配列
  2. $_SERVER・・・サーバー情報および実行時の環境情報

$argvで取得する

上記の例で作成したscript.phpファイルのスクリプトを以下のように記述します。

すると、このように出力されます。

つまり、定義済みの変数に配列で格納されており、配列の最初(0番目)は実行したファイル名。
そして、その後(1番目)からが引数になりますので、このように1つずつ取得することもできます。

実行結果はこのようになります。

$_SERVERで取得する

変数名は違えど、中身は同じです。

【おまけ】cronで実行する場合は注意!

以前の記事でもご紹介しましたが、パスが通ってないコマンドcronで実行する場合は、絶対パスで指定しなければなりません。

詳しくはこちらをご参照ください。

著:大重 美幸
¥3,450 (2024/07/18 22:36時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次