MariaDBを破壊したので完全再インストール(Ubuntu)

mariadb-reinstallテクノロジー

自宅サーバーUbuntuに入れているMariaDBのステータスを確認した際に表示された警告メッセージに対応しようとイジっていたら破壊してしまった!
壊したのはデータベースサーバーであって、データ自体は無事なので焦らず再インストール
しかし、普通に削除して入れれば良いというものではなく、アンイストールするにコツがありましたので、忘れないようメモしておきます。

MariaDBを完全アンインストール

Linuxユーザーなら、アンインストールコマンドで真っ先に思いつくのは「remove」でしょう。
確かに削除できますが、環境設定が残ってしまうので、完全削除するには「purgeコマンドを使います。(もちろん、バックアップは忘れないようにね!)

# apt purge mariadb-server

さらに、MariaDBの削除に伴い、必要なくなった依存関係のパッケージ削除します。

# apt autoremove

そして最後に、キャッシュされている全てのパッケージを削除します。

# apt clean

これでMariaDB完全アンインストールは完了です!
不必要な領域も開放されてスッキリしましたね!

MariaDBの再インストール

ここまで来たら後は普通にインストールするだけ。
インストールについては以前ご紹介しているので、ここで説明は必要ないと思います。

# apt install mariadb-server
# systemctl status mariadb

特に設定を変えてなければ、そのまま起動できるはずです。
データベースも消して初期状態からインストールする場合は、こちらをご参照ください。

以上です!
皆さんも破壊しても問題ないよう、気を付けてイジってくださいねw

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました