MariaDBを10.3から10.5にアップグレードする方法

mariadb-upgradeテクノロジー

Ubuntu 20.04データベースサーバーを構築しましたが、標準搭載されているMariaDB 10.3が古いせいで、新しいZabbix 6.0と連携できなくなったので、MariaDB 10.5アップグレードしたいと思います!
念の為、設定ファイルやデータベースのバックアップをしておくように!

MariaDBのリポジトリ更新

MariaDBのリポジトリ更新
MariaDBのリポジトリ更新

まずは、MariaDB公式サイトを確認し、MariaDB 10.5のリポジトリを用意しましょう。
Download MariaDB Server」の画面で、使用するリポジトリを選択していきます。

上記のリンクから遷移すると、著者の環境に合わせて選択済みですが、OSやアップグレードしたいMariaDBのバージョンは、あなたの環境に合わせて選択してくださいね!

選択項目選択値
Choose a distribution20.04 “focal”
Choose a MariaDB Server version10.5
Mirror山形大学, 米沢市 Yamagata University, Yonezawa
MariaDB Repositories

ミラーサーバーはデフォルトで韓国になっていました。
どこでも良いですが、日本人なので何となく日本を選びました!
日本は他にも「xTom GmbH – Osaka」があります。

選択すると、以下のように表示されますので、これらのコマンドを入力していきます。

# apt-get install software-properties-common dirmngr apt-transport-https
# apt-key adv --fetch-keys 'https://mariadb.org/mariadb_release_signing_key.asc'
# add-apt-repository 'deb [arch=amd64,arm64,ppc64el,s390x] https://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/dbms/mariadb/repo/10.5/ubuntu focal main'

あまり確認せず、3つ目のコマンドだけ入力したところ、少し迷走したのでメモを残します。

まず、1行目は不要でした。

次に、2行目を飛ばすと、以下のようなエラーがでます。

・・・ InRelease: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY XXXXXXXXXXXXXXX

そんな時は、このように後ろのキーを入れてあげればOKです!

# apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys XXXXXXXXXXXXXXX

最後に、3行目の[arch=amd64,arm64,ppc64el,s390x]はほとんど必要なく、ご自身のアーキテクチャのみでOKです!
ほとんどの方は[arch=amd64](x86_64)になると思います。

MariaDBのアップグレード

リポジトリが用意できたらほぼ完成!
後はMariaDBを停止してアップグレードするコマンドを打つだけ。

MariaDBの停止

それではアップグレードする前に、一旦、MariaDBサーバーを停止しましょう!
念の為に自動起動しないように設定しておきます。

# systemctl stop mariadb
# systemctl disable mariadb
# systemctl status mariadb

アップグレードと起動

停止が確認できたら、Ubuntuユーザーにはお馴染みのコマンドを叩くだけ!

# apt update
# apt install mariadb-server

どーん!!
後は待つだけ!
強制的に「-yオプション付けてもいいかもね~。

終わったら、先程の停止の際に自動起動を無効化してたので、自動起動の有効化と起動をしてあげます。(既に起動してたっけ?)

# systemctl stop mariadb
# systemctl enable mariadb

これにて完了です!
最後に参考にしたサイトのリンクも貼っておきます。

お疲れ様でした!

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました