【Linux】pm2でNode.js環境を構築(インストールと使い方)

node-pm2
  • URLをコピーしました!

Node.jsはWebアプリケーションやサーバーサイドの開発に広く使用されているプラットフォームです。
しかし、Node.jsアプリケーションをデプロイする際には、プロセス管理ツールが必要です。
その中でもpm2は、Node.jsアプリケーションを効率的に管理するための優れたツールです。
この記事では、Ubuntu上にNode.js環境を構築し、pm2をインストールして使う方法について説明します。

目次

pm2とは

pm2は、Node.jsアプリケーションをデーモンとして実行し、プロセスの監視や再起動を自動化するツールです。
以下はpm2の主な特徴です。

pm2の特徴
  • プロセスの自動再起動
  • ログの管理
  • クラスタモードでのスケーリング
  • プロセスの監視

pm2のインストールと基本的な使い方

Node.jsをインストールする

大前提として、pm2を導入する前にNode.jsをインストールしておいてください。
以下のコマンドを実行してNode.jsをインストールします。(既に導入済みの方は飛ばしてください)

pm2をインストールする

Node.jsがインストールされていることを確認したら、pm2をインストールします。

pm2の基本的な使い方

以下はpm2の基本的なコマンドです。

pm2の便利な機能

状態保存

pm2を使ってNode.jsアプリを実行する際、現在の状態を保存しておくことができます。
以下のコマンドで状態を保存します。

これにより、再起動後にも同じ状態でアプリを実行できます。

自動起動設定

pm2をOS起動時に自動的に起動するように設定できます。以下の手順で設定します。
以下のコマンドで自動起動スクリプトを作成します。

生成されたスクリプトを実行して、pm2の自動起動を設定します。

確認のため、以下のコマンドで実行状態を表示します。

これで、OS起動時に自動的にpm2が起動します。

pm2-guiを使った状態確認

pm2-guiをインストールすると、ブラウザから以下のことができるようになります。

  • マシン全体のメモリ使用量やCPU負荷を確認
  • 各Node.jsアプリの状態を表示

pm2-guiをインストールする

pm2-guiをインストールするには、以下のコマンドを実行します。

pm2-guiを起動します。pm2-gui start

Node.jsアプリケーションの状態をブラウザで確認する

ブラウザで以下のURLにアクセスします。

pm2-guiのダッシュボードが表示され、Node.jsアプリケーションの状態を確認できます。

ダッシュボードでは、アプリケーションの一覧、CPUやメモリの使用状況、ログファイルの閲覧などが可能です。
特定のアプリケーションの詳細を見るには、そのアプリケーションの名前をクリックします。
アプリケーションを再起動、停止、または削除するには、対応するアクションボタンを使用します。

まとめ

Node.js環境を作成し、pm2をインストールして使う方法について説明しました。
pm2を活用して、Node.jsアプリケーションを効率的に管理しましょう。

著:伊藤 康太
¥3,212 (2024/07/12 05:48時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次