PHPでExcel(Spreadsheet)ファイルを作成する方法

php-spreadsheet
  • URLをコピーしました!

PHP等のプログラミングから、CSVファイルに出力する方法はよく見かけますが、今回はPHPExcelファイルを作成する方法をご紹介します。
ここでは、PhpSpreadsheetスプレッドシート)を利用したExcelファイルの基本的な使い方と、作成したExcelファイルのダウンロード方法について説明します。

目次

PhpSpreadsheetのインストールと読み込み

昔は、PhpExcelなるものがあったそうですが、どうよやら古くてサポート切れなようで、現在ではPhpSpreadsheetが主流だそうです。

PhpSpreadsheetPHPバージョン7.4以降にも対応しており、読み書きは.xls.xlsxのどちらにも対応。
さらに、PDFにも出力できる優れものです!
詳しくは、PhpSpreadsheet公式サイトのマニュアルをご覧ください。

PhpSpreadsheetのインストール

ここでは、PHPライブラリ管理ツールのComposerを使用してPhpSpreadsheetライブラリをインストールしますので、まだComposerを導入していない方はこちらからインストールしてください。

それでは式サイトに従って、composerコマンドでPhpSpreadsheetをインストールします。

もちろん、GitHubでも公開されています。

PhpSpreadsheetの読み込み

PHPファイルの先頭で、先程インストールしたPhpSpreadsheetライブラリの読み込みと、use演算子でインポートしておきます。

PhpSpreadsheetの基本的な使い方

PhpSpreadsheetの基本的な使い方については、公式サイトや他の技術系サイトでも紹介されていますので、ここでは、特定のセルへの書き込みと、新規シートを作成、Excelファイルの保存までの流れを説明します。

今回の目標
  1. 特定のセルに値を入力する
  2. 新規シートを作成する
  3. Excelファイルに書き出す

特定のセルに文字列を入力する

まずはExcelファイルを作成し、最初のシートを取得してシート名を設定
それから、A1のセルに「Hello World !」の文字を入力します。

新規シートを作成する

次に、新規でシート作成します。
ですが、通常のExcelと同じように、すでに存在するシート名は使用できないので、作成する前に新しく追加するシート名が存在しないことを確認してから作成します。

Excelファイルに書き出す

最後に、書き込んで保存したらExcelファイルの完成です!

他にも、通常のExcelでも使用する機能がたくさんありますので、もっと詳しく知りたい方は、公式サイトや検索してみてください!

Excelファイルのダウンロード

ここからは、PhpSpreadsheetとは直接関係ないですが、上記で作成したExcelファイルをPHPheader()関数を使って、作成後に自動的にダウンロードできるようにしたいと思います。

【まとめ】PhpSpreadsheetでExcelファイル作成

今回説明したPHPのソースコードをまとめました!

以上です!
中のロジックさえ変えれば、いくらでも使い回しできますね。

著:大重 美幸
¥3,450 (2024/05/17 11:46時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次