ルーターの有線LANポートが足りないならスイッチングハブをおすすめ!

switching-hubライフスタイル

最近では、無線LANルーターにも高速の有線LANポートが複数ありますので、スイッチングハブを使うことが少なくなったのですが、必要になって久しぶりに見てみると、ギガビット対応のスイッチングハブがめっちゃ安くなってましたw

安定と速度を重視するなら有線LAN

以前、TP-Link製の無線LANルーターを買ったが、自宅サーバーをアップグレードし、一丁前にLANカードを増設してサーバーに複数の有線LANを持たせたて冗長化(チーミング?)したことで、有線LANポートが足りなくなってしまいました。。

そこで、手軽に増設できるスイッチングハブの出番です!
有線LANのメリットは、何と言っても安定感と速度です。

有線LANはFPSゲームにも有利!

サーバーには安定感を重視して有線LANを使用しますが、サーバーに限らず、ゲーミングPCやPS5などのゲーム機器に有線LANを使用すれば、速度をロスすることなくギガビットの恩恵を受けられます。
FPSなどのコンマ1秒を争うゲームでは途切れることなく、かつ、無線より圧倒的に高速になるので、ゲームをより有利に進められます!

コスパ最強!スイッチングハブ(8ポート)

当然、スイッチングハブの中でも、5ポートなどポート数が少ない方が安いのですが、今回おすすめしたいのは、敢えて8ポートです。
スイッチングハブは滅多に壊れることはありませんので、足りなくなって買い替えるのも馬鹿らしいです。
ポートが余ってしまうなら、余らせてれば良いと思います。

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました