Window10でドライバのデジタル署名の検証を無効にする方法

window10-driver-issue
LINEで送る
Pocket

Windows7から10アップグレードしてしばらくのこと、突然DVD/CD-ROMドライブが使えなくなりました。
デバイスマネージャーで確認したら、警告のアイコンが付いていたので、プロパティを確認してみると以下のようなメッセージが。

このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。・・・(コード52)

身に覚えはないが、とにかくすぐ使いたかったので、ドライバ署名無効にする方法で対応しました。


署名を無効にする手順


引用:Windows10でドライバー署名の一時的な無効化方法 – CSD Co., Ltd. 有限会社 シー・エス・ディー

引用元ではコマンドプロンプトから再起動していますが、設定画面からでも同様の動作が可能です。

  1. Windowsの[ スタートメニュー]から[ 設定] > [更新とセキュリティ] > [回復]を選択する
  2. [PCの起動をカスタマイズする]の下にある[今すぐ再起動]ボタンをクリック
  3. 再起動したら[オプションの選択]画面で[トラブルシューティング]を選択
  4. [トラブルシューティング]画面で[詳細オプション]を選択
  5. [詳細オプション]画面で[スタートアップ設定]を選択
  6. [スタートアップ設定]画面で右下の[再起動]ボタンをクリック
  7. 再起動したらキーボードの[7]を押下(7)ドライバー署名の強制を無効にする)

手順としては以上ですが…。
著者の場合は、署名が検証されなかっただけで、ドライバ自体は使えていたようなので、これで認識して使えるようになりました。
ドライバのインストールが必要な方は、この後作業してください。
結局、何が原因かわからずじまい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket


コメントを残す

Amazon プライム対象