WindowsのコマンドプロンプトでPowerShellを実行する方法

windows-cmd-powershell
  • URLをコピーしました!

Windows 7やWindows Server 2008 R2から標準搭載されているPowerShell
通常、WindowsPowerShellを利用する場合は「Windows PowerShell」アプリを使用して実行しますが、最近コマンドプロンプトからでも実行できることを知りましたのでご紹介します!

目次

コマンドプロンプトをPowerShellに切り替える

日々の業務であまりPowerShellを利用することがなかったので、偶然WindowsコマンドプロンプトPowerShellを実行する方法を発見したときは衝撃を受けました!

管理者

本当に現役SEなのか?w

既にご存知の方はこちらの記事をどうぞ!

それでは、Windowsコマンドプロンプトを開いてください。
そこに[powershell]と入力するだけです!(ドヤッ)

コマンドプロンプトからPowerShellに切り替わったら、上記の最終行のように[PS~]が付きます。

PowerShellのコードでバージョン確認

試しに、そのままPowerShellのコードでバージョンを確認してみましょう!
PowerShellのバージョンを確認するには、[$PSVersionTable]を入力して実行するだけです。

これで、Windowsコマンドプロンプト上でPowerShellのバージョンが確認できました!

PowerShellからコマンドプロンプトに戻す

こちらも簡単!
[cmd]コードだけでPowerShellからコマンドプロンプトに戻ります!

切り替わったら先程の[PS~]が消えて、通常のコマンドプロンプトに戻っていることがわかります。

【おまけ】切り替えずにPowerShellを実行する

WindowsコマンドプロンプトからPowerShellを直接実行するには、[powershell]コマンドに[-Command]オプションを付けて実行します。
先程のバージョン確認を例に実行すると、このようになります。

実際にもっと複雑なコードを入力する場合は、途中にスペースがあったりするので、[-Command]オプションの後ろに入力するPowerShellのコードは[“”](ダブルクオーテーション)で囲んであげましょう!

PowerShellについてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次