WordPressで記事を投稿したらIFTTTで通知やSNSに投稿する方法

wp-ifttt-push-sns
  • URLをコピーしました!

以前、WordPressで新規投稿したらプッシュ通知をしてくれる「Push7」というアプリを紹介しましたが、プッシュ通知だけでなく様々な場面で使える「IFTTTイフト)」というアプリをご紹介します。

IFTTTイフト)とは「if this then that」の頭文字を取ったもの。
つまり、もし、[トリガー]をしたら、[アクション]するというもの。
例えば、WordPressで記事を投稿したら、TwitterFacebookなどのSNSにも自動で投稿したい場合は、「もし、[トリガー]=WordPressで記事を投稿したら、[アクション]=SNSに投稿する」です。
このアプリを使えば、WordPressJetpackプラグイン不要です!

では、上記の例を設定する方法をご紹介します。

目次

IFTTTでSNSに自動で投稿

IFTTT helps your apps and devices work together

IFTTT
IFTTT

IFTTTの登録方法は割愛させていただきます。
サインインしたら、右上のアカウントメニューから[New Applet]をクリックします。
[this(トリガー)]に「WordPress」で「Any new post(新規投稿)」。
[that(アクション)]に「Twitter」で「Post a tweet(ツイートする)」を選択します。
途中、WordPressURLユーザー名パスワードを訊かれますので、正しく入力しましょう。
[Complete action fields]と[Review and finish]はとりあえずデフォルトのままでOKです。
以下のサイトが詳しいので参考までに。

出典:WordPressで公開した記事を自動でツイッターに投稿するIFTTTの有効的な使い方

投稿したらプッシュ通知

現在、iOSではブラウザ(WEB)プッシュ通知機能がありませんので、IFTTTを活用しています。
iOSプッシュ通知する場合は、[that(アクション)]に[ Notifications]を選択します。
また、[this(トリガー)]は[ RSS Feed]でも構いません。
これなら、他人のサイトで新規投稿された場合でも通知を受け取ることができます。

最新の利用方法

近年では、スマートスピーカーが普及していて、IoTの分野のでもこのIFTTTが活用されているようです。

いや~世の中便利になりましたね。
他にも様々な使い方があるので、ぜひ試してみてください。

著:町田 耕, 監修:TechAcademy
¥2,458 (2024/05/21 08:31時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次