Chromeで無効になったシークレットウィンドウを許可する方法

chrome-secret-window
  • URLをコピーしました!

今や世界最大のシェアを誇るGoogle Chromeブラウザですが、ある日を堺にシークレットウィンドウ無効になり、利用できなくなってしまいました。
Webサイトをキャッシュ無しで表示したり、履歴に残したくない検索やパスワードを利用する際に、シークレットウィンドウは凄く重宝していました。
とても不便なので、何とか調べて解決しましたよ!

目次

シークレットウィンドウが無効になる原因

根本的な原因はわかりませんが、Chromeのあるパラメーターが変更され、シークレットウィンドウ無効になったことがわかりました。
そのパラメーターは、Chromeの設定画面やアプリの設定ファイルから変更できるものではなく、なんと、レジストリにありました。

実は、利用しているChromeが入っているノートPCは会社の資産で、ちょうど会社のLANに繋いだ辺りからシークレットウィンドウが使えなくなったので、会社のセキュリティポリシーが変わったのではないかと考えられます。

管理者

何を収集しようとしているのやら…
セキュリティのためには仕方がないのか?

Chromeポリシーを確認する

Chromeポリシーを確認するには、以下のURLにアクセスします。

chrome://policy/

そして、「Chrome Policies」の項目から「IncognitoModeAvailability」というポリシー名を探します。
ポリシーの値」が「1」になっていれば、プライベートウィンドウ無効になっているということです。

出典:Chromeのシークレットモードを使おうと思ったらメニューに無い!|休日の空間

IncognitoModeAvailability」の説明についてはGoogleの公式サイトにも記載されています。
値は0~2までの数値で設定します。

IncognitoModeAvailabilityのポリシー値
  • 0 = シークレット モードを利用可能にする
  • 1 = シークレット モードを無効にする
  • 2 = シークレット モードを適用する

シークレットウィンドウを許可する

それでは、ポリシー値を「0」に設定してシークレットウィンドウが利用できるように許可しましょう!

この作業ではレジストリのパラメータを変更するので、十分に注意が必要です。
自己責任でお願い致します。

まず、Windowsキーを押下してregeditと入力し、[Enter]を押下します。
レジストリエディター」が開いたら、左側のナビゲーションウィンドウから以下のパスまで進みます。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Google\Chrome

続いて、右側の「IncognitoModeAvailability」をダブルクリックし、「値のデータ(V)」を「0」に変更して「OK」ボタンを押下したらポリシー設定の変更は完了です!

あとはChromeブラウザを一旦閉じて再起動してみてください。
シークレットウィンドウが利用できるようになっているはずです。

以上、お疲れ様でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次