vSphere CLIを使わずESXiホストの構成をバックアップ

esxi-backup-restore

年末の大掃除の際、自宅サーバーバックアップ作業をしたのですが、ESXi 6.5から7.0に変更して初めてホスト構成をバックアップしました。
いつものように、ESXi 7.0vSphere CLIでするのかなと思って一応調べてみると、ESXiのコマンドラインでバックアップしたデータをWebブラウザからダウンロードできるようです!

ESXiホストの構成をバックアップ

ESXiバックアップリストア手順はVMWareの公式KBに掲載されています。

個人的には以前ご紹介した手順より簡単だと思います。

ESXiコマンドでバックアップ

ESXiコマンドでバックアップ
ESXiコマンドでバックアップ


まずは、SSHESXiホストにアクセスし、以下のコマンドを実行します。

# vim-cmd hostsvc/firmware/sync_config

このコマンド、実は何をしているかよくわかりません。
変更した構成情報を同期するようなものらしいです。

そして、次がESXiホストの構成をバックアップするためのコマンドです!

# vim-cmd hostsvc/firmware/backup_config

実行すると、下記のようにダウンロード用のURLが表示されます。

Bundle can be downloaded at : http://*/downloads/52af5356-3464-5b55-fa6b-98969d5911d2/configBundle-esxi.tgz

バックアップファイルの作成はコレで完了です!

Webブラウザからダウンロード

Webブラウザからダウンロード
Webブラウザからダウンロード


次は上記で作成したバックアップファイルをWebブラウザでダウンロードします。
先程表示されたURLの「*」印の箇所を自身のESXiIPアドレスに置き換えて、Webブラウザのアドレスバーに貼ってください。

http://192.168.100.XXX/downloads/52af5356-3464-5b55-fa6b-98969d5911d2/configBundle-esxi.tgz

ページを開くと、上記の画像のように「tgz」形式のバックアップファイルがダウンロードできます。
任意の場所に大切に保管しておきましょう。(多分使うことないですがw)
バックアップはコレで完了です!

ESXiホストの構成をリストアする

リストアをする前に、バックアップしたファイルをリネームして、ESXiホストにアップロードするなど、諸々準備を行います。

リストア前の確認と準備

ダウンロードしたバックアップファイル名に付いているホスト名を削除して、以下の名前にします。

configBundle.tgz

逆にこのファイル名以外ではリストアできないようです。

次に、リネームしたファイルをSCP等で直接ESXiホストにアップロードするか、利用可能なデータストアにアップロードします。
今回の例では、ESXiホスト/tmp/直下にアップロードします。

さらに、ESXiホストをメンテナンスモードにします。
VMware Host ClientのWeb画面からGUIで切り替えても構いませんが、せっかくSSHで接続するのでコマンドメンテナンスモードに切り替える方法を紹介します。

# vim-cmd hostsvc/maintenance_mode_enter

これで、やっとリストアの準備が整いました!

リストアのコマンドを実行

最後に、リストアコマンドターンッ!と叩きます。

# vim-cmd hostsvc/firmware/restore_config /tmp/configBundle.tgz

これでリストアも完了です!
もし、UUIDの不整合によりエラーが発生した場合は、強制的に上書きするオプション「1」を追加してあげましょう。

# vim-cmd hostsvc/firmware/restore_config 1 /tmp/configBundle.tgz

バックアップしていれば、安心して運用できますね!
以上です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

Amazon プライム対象
タイトルとURLをコピーしました