Googleの日本語WEBフォント「Noto Sans CJK JP」をサブセット化して配布中

Google Web Fontsテクノロジー

何を隠そう、当サイトもGoogleの人気WebフォントNoto Snas CJK JP」を利用しています。
日本語フォントをそのまま使用すると、表示速度が遅くなったり、対応していないブラウザがあったりと様々な問題がありますが、これを解決するのが2つのツールです。

サブセット化、複数フォーマット作成ツール

@font-faceでフォントファイルを読み込むCSS

フォントを読み込むためのCSSも作成しました。
GitHubでダウンロードできますので、自由にお使いください。

使い方は、CSSにこのように記述します。

@font-face {
    font-family: 'Noto Sans Japanese';
    font-style: normal;
    font-weight: 100;
    src: url('../fonts/NotoSansCJKjp-Thin.woff2') format('woff2'),
         url('../fonts/NotoSansCJKjp-Thin.woff') format('woff'),
         url('../fonts/NotoSansCJKjp-Thin.ttf') format('truetype'),
         url('../fonts/NotoSansCJKjp-Thin.eot') format('embedded-opentype');
}
・・・

実際の表示サンプルはこちら!

各ブラウザのサポート状況

ほぼ全てのブラウザに対応していますので、何も問題ないかと思います。
こちらから様々なブラウザ対応表が調べられます。
Can I use… Support tables for HTML5, CSS3, etc

Can I Use ...
Can I Use …

@font-face

EOT – Embedded OpenType fonts

TTF/OTF – TrueType and OpenType font support

WOFF – Web Open Font Format

WOFF 2.0 – Web Open Font Format

CDNを利用する方法

結論、自分のサーバーフォントを配置するより、CDNの方が良さそうです。

@import url(//fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjp.css);
font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif;

もしくは、

@import url(//fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);
font-family: 'Noto Sans Japanese', sans-serif;

どちらを選ぶかは、あなた次第!

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

  1. […] Googleの日本語WEBフォント「Noto Sans CJK JP」をサブセット化して配布中 […]

タイトルとURLをコピーしました