MacからWindows11へリモートデスクトップ接続する手順(図解)

mac-windows-remote-desktop
  • URLをコピーしました!

MacWindowsを使いたい場合、いくつか方法があります。

もし、MacWindows両方のPCを使える環境にある場合、おすすめは①のリモートデスクトップで接続する方法です。
理由は単純にコストが0で、セットアップが手軽だからです。

今回は、Macからリモートデスクトップ接続を行いWindows11を使う方法についてご紹介します。
なお、Windows11を使って実演しますが、Windows10でも同じ方法でリモートデスクトップ接続が可能です。

目次

リモートデスクトップ接続を行う前に確認する点

今回、リモートデスクトップ接続を行うにあたり、使用したアプリOSバージョンをご紹介します。
OSバージョンによっては使用できない場合がありますので注意が必要です。

アプリについて

今回は「Microsoft Remote Desktop」を利用してリモートデスクトップ接続を行います。

他にも、「Chrome Remote Desktop」などのアプリでも利用可能です。

MacOSとWindowsバージョンの確認

リモートデスクトップ接続を行う前に、MacWindows、それぞれのOSバージョンについて確認する必要があります。

本記事では、以下のOSバージョンで行います。

OSエディションバージョン
MacMonterey12.4
WindowsWindows11 Home22H2

MacOSのバージョンを確認

MacOSバージョンの確認は、画面左上のAppleメニューから「この Mac について」を選択します。

MacOSバージョン確認
MacOSバージョン確認

エディション:Monterey
バージョン:12.4

MacOSの注意点

Microsoft Remote Desktop」を使う場合、MacOS10.14以降でないとインストールできません。
またApple M1チップ搭載の場合は、MacOS Big Sur以降である必要があります。

Windowsのバージョンを確認

Windowsバージョンの確認は、スタートボタンを右クリックして「システム」から確認できます。

Windowsバージョン確認
Windowsバージョン確認

エディション:Windows11 Home
バージョン:22H2

WindowsOSの注意点

Windows 10・11 Homeでは、リモートデスクトップ接続が制限されています。
※Windows10および11 Proは接続可能です。

ただしRDP Wrapper Libraryを使用することで、Windows 10・11 Homeエディションであってもリモートデスクトップ接続が可能となります。
使用方法については以下の記事をご参照ください。

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する手順

それでは以下、手順について説明します。
手順通りに進めれば、15分以内に完了します。

WindowsのIPアドレスを確認

WindowsでIPアドレスを確認
WindowsでIPアドレスを確認

Windowsコマンドプロンプト(または「Win+R」→「cmd」)を開き、ipconfigと入力します。
IPv4アドレスの横にあるのが、IPアドレスです。
接続時に必要なので、必ずメモをとりましょう。

MacにMicrosoft Remote Desktopをインストール

Microsoft Remote Desktopインストール
Microsoft Remote Desktopインストール

Macに移ります。
AppStoreから「Microsoft Remote Desktop」と検索し、インストール。
インストール完了後、起動すると以下のとおり「Add PC」と表示されます。

リモートデスクトップ接続先のPCを追加
リモートデスクトップ接続先のPCを追加

Add PC」をクリックします。

MacからWindowsへリモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続先設定
リモートデスクトップ接続先設定

Add PC」をクリックした後、上記設定画面がでます。
IPアドレスを入力した後、「Add」ボタンをクリックします。

リモートデスクトップ接続先設定完了
リモートデスクトップ接続先設定完了

クリックすると、上画像のようにWindowsが表示されます。

リモートデスクトップ接続
リモートデスクトップ接続

WindowsUsernamePasswordを入力し「Continue」ボタンをクリックします。

リモートデスクトップ接続完了
リモートデスクトップ接続完了

MacからWindowsへのリモートデスクトップ接続に成功しました。
ここまでにかかった時間は15分ほどです。

まとめ

今回の記事の手順で、MacからWindowsリモートデスクトップ接続が可能になります。
リモートデスクトップ接続を使うメリットは、無料で手軽に使える点です。
MacWindows両方を使える環境にある場合は、リモートデスクトップ接続を試してみましょう。

マイクロソフト
¥11,500 (2024/04/11 08:59時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次