Tera Termの文字コードを変更して文字化けを解消する

teraterm-encode
  • URLをコピーしました!

お馴染みのSSHクライアント「Tera Term」で接続するOSはLinuxが多く、デフォルトの文字コードUTF-8ですが、たまにLinux経由でWindowsのコマンドやファイルを操作する際に、出力結果の文字コードが異なるので文字化けしてしまいます。
そこで、Tera Term文字コード変更して文字化けを解消します!

窓の杜
窓の杜 「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター
目次

Tera Termの端末設定

文字コードの設定は即時反映されますので、設定後にTera Term再起動する必要はありません
それでは上のメニューから、[設定] → [端末]を選択します。
[Tera Term: 端末の設定]ウインドウが開いたら、[漢字-受信]または[漢字-送信]の文字コードを変更して[OK]ボタンを押すだけで変更完了です!

Tera Termで設定できる文字コードの種類は以下の通りです。
これ以外の文字コードを設定する場合はどうするのかな?

Tera Termで設定できる文字コード
  • SJIS
  • EUC
  • JIS
  • UTF-8(m)

Windowsファイルで文字化けする場合

今回の例は、Windowsのファイルを読み書きする際に文字化けした場合の対象法です。
先程、Linux文字コードUTF-8と書きましたが、Windowsのデフォルトの文字コードSJISになります。

Windowsファイルの内容をTera Termで出力、または、Tera TermからWindowsファイルに書き込みする場合は、[漢字-受信]と[漢字-送信]を[SJIS]に変更します。
こうすることで、Tera Termファイルの内容を読み込む際には[SJIS] → [UTF-8]に変換して表示し、逆にファイルに書き込む際には[UTF-8] → [SJIS]に変換して書き込みます。

もし、Tera Term文字化けした際は、ぜひ文字コードの設定変更を試してみてください!
以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次