Ubuntu 20.04(LTS)からUbuntu 22.04(LTS)へアップグレードする手順

ubuntu-22lts-upgradeテクノロジー

Ubuntuの新しい長期サポート版である22.04がリリースされました!
当ブログでも度々ご紹介している通り、Ubuntu 20.04(LTS)自宅サーバーを5台構築してますので、早速それらをUbuntu 22.04(LTS)アップグレードしたいと思います!
手順をメモとして残しますので、良ければ参考にしてください。

事前確認と最新化(準備)

Ubuntu 22.04(LTS)アップグレードする前に、まずは現在のバージョンの確認やUbuntu 20.04(LTS)の最新化を行います。
ここからの作業は全てroot権限で行ってください。

現在のバージョンの確認

以下のコマンドを実行して確認するか、

# cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="20.04.4 LTS (Focal Fossa)"
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
PRETTY_NAME="Ubuntu 20.04.4 LTS"
VERSION_ID="20.04"
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
VERSION_CODENAME=focal
UBUNTU_CODENAME=focal

もしくは、以下のコマンドで確認します。

# lsb_release -a
No LSB modules are available
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 20.04.4 LTS
Release:        20.04
Codename:       focal

現在のバージョンが、「Ubuntu 20.04.4 LTS(現時点の最新)」でコードネームが「Focal Fossa」になっていれば確認完了です。

また、LTS長期サポート版)になっているかも確認いておきましょう。

# vi /etc/update-manager/release-upgrades
Prompt=lts

もし、PromptがNormalになっていれば、ltsに書き換えて保存してください。

Ubuntu 20.04(LTS)を最新化

上記の確認で最新のバージョンではなかった、もしくは最新かどうか不明な場合は、とりあえず以下のコマンドを実行して最新化しておきましょう。

# apt update
# apt upgrade -y

一応、上記のコマンドだけでも問題ありませんでしたが、気になる方はパッケージの依存関係や競合を気にせず、カーネルやシステム全体をアップグレードできる以下のコマンドを実行してください。

# apt dist-upgrade -y
または
# apt full-upgrade -y

コマンドの使い分けについては、引用元の参考サイトをご覧ください。

項目apt-get upgradeapt-get dist-upgradeapt upgradeapt full-upgrade
追加パッケージのインストールしないするするする
不要なパッケージの削除しないするしないする
プログレスバーが表示されて進捗状況が分かりやすい?
引用:apt-get upgradeとapt-get dist-upgradeとapt upgradeとapt full-upgradeの違い

また、不要なパッケージを削除するならこちらです。

# apt autoremove

でも、アップグレード中に自動で削除してくれてる気がするので必要ないかもです。。

パッケージのインストール

最後に、次のアップグレードコマンドを実行するには、以下のパッケージが必要になりますので、インストールされていない場合は実行してください。

# apt install update-manager-core

インストールされているかわからない場合も、悪さはしませんので一度試してみてくださいね。

アップグレード前にバックアップ

最新化まで完了したら、一旦Ubuntu全体のバックアップをしましょう!
失敗したら戻せなくなる可能性がありますからね。。
著者の場合は全て仮想マシンですので、vSphere Clientからスナップショットを作成しました。

Ubuntu 22.04(LTS)へアップグレード

Ubuntu 22.04 LTS アップグレード
Ubuntu 22.04(LTS)へアップグレード

さて、いよいよUbuntu 22.04(LTS)アップグレードします!
アップグレード中はいくつか確認がありますが、基本的に1つのコマンドを実行するだけで、後はお任せになります。

SSHで作業する場合

とその前に、TeraTerm等で作業されている方も多いと思いますが、SSH接続でした状態でアップグレードすることは推奨されてないらしいので、アップグレード開始直後に以下の警告が表示されます。

キャッシュを読み込み中                                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                    
パッケージマネージャーをチェック中です                                                                                                                                              
                                                                                                                                                                                    
SSH経由で実行していますが、続けますか?                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                    
このセッションはSSH上で実行されているようです。アップグレードをSSH越しに行うことは推奨されません。アップグレードに失敗した時の復元が困難になるからです。                            
                                                                                                                                                                                    
続行する場合、追加のSSHデーモンをポート '1022' で起動します。                                                                                                                       
本当に作業を進めてよろしいですか?                                                                                                                                                  
                                                                                                                                                                                    
続行する[yN] N

ですので、一度「N」で中止して、ファイアウォールが有効になっている場合は、上記の指示通りにTCPの1022ポートを開放します。

# ufw allow 1022/tcp
# ufw status

これで下準備は全て完了です!

アップグレードの実行

それではアップグレードを開始します!
コマンドはこれだけ!

# do-release-upgrade -d

途中、色々と訊かれますが、実行後は基本的に「y」や「ENTER」キーだけで進めていきます。
また、突然以下のようなピンクの画面が出て来て、再起動やバージョンの差異などを確認されますが、こちらも「Yes」やデフォルトの選択で大丈夫です。

出典:【WSL2】Ubuntu 20.04.4 LTS を 22.04 LTS へアップグレードした

最後に、再起動したらUbuntu 22.04(LTS)へのアップグレードは完了です!

アップグレード後の確認

アップグレード後は、冒頭のバージョン確認コマンドなどで現状を確認してみてください。

# cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Ubuntu 22.04 LTS"
NAME="Ubuntu"
VERSION_ID="22.04"
VERSION="22.04 (Jammy Jellyfish)"
VERSION_CODENAME=jammy
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
UBUNTU_CODENAME=jammy

こちらでもOK!

# lsb_release -a
No LSB modules are available
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 22.04 LTS
Release:        22.04
Codename:       focal

後は、普段使っているシステムなども確認してみて下さい。
著者の場合は、PHPのバージョンが合わず、Zabbix 6.0が動かなくなったので、仕方なくスナップショットから戻しました。。

以上です!お疲れした!

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

管理者をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました