Windows ServerからゲストアカウントでSambaサーバーにアクセスできない

windows-server-samba-guest
LINEで送る
Pocket

およそ5年ぶりに自宅サーバーを新しくして、ESXiを6.5から7.0にバージョンアップ!
さらに、仮想マシンもLinux系はCentOSからUbuntuへ。Windows系はWindows 10からWindows Server 2019に変更して再構築しました!

長年使用してきた自宅サーバーをHP製のProLiant MicroServer N54L(以下、MicroServer)から、富士通製のPRIMERGY M1310 M3(以下、PRIMERGY)に入れ替えました!旧自宅サーバーはタワーサーバーの中ではとてもコンパクトで重宝していたのですが、最近CPUのパワーとメモリの容量不足を感じて買い替える事にしました。PRIMERGY M1310 M3は、MicroServerほどではないですが、他のタワーサーバーと比べると比較的省スペースです。自宅サーバー選びのポイントまずは、大きさですね。いつも小型のタワー型サーバーを探しています。と言うの...

しかし、Windows ServerからいつものようにSambaファイルサーバー共有フォルダアクセスしたら、エラーが発生してアクセスできませんでしたので、その解決方法を記事にしたいと思います。


原因

最初はSMB Client等が入っていないのか、設定が間違っているのか、色々模索していましたが見当違いでしたw
原因解決方法Microsoft公式ドキュメントに掲載されていましたので、そちらを参考に進めていきます。


つらつら書いていますが、まず、ファイルサーバー側のSambaの設定がゲストアカウント(パスワード不要で誰でもOK)にしていたこと。
そして、Windows 10の場合はSambaゲストアカウントでのアクセス許可がデフォルトで有効になっているが、Windows Serverの場合はSambaゲストアカウントでのアクセス許可デフォルト無効になっているため、有効にする設定をしなければなりません。

解決方法

参考サイトの「解決方法」の章をご覧ください。
そのまま設定してあげれば問題ないです。

グループポリシーを変更する

ゲストアカウントでのアクセス有効にする場合は、グループポリシー設定から行います。
参考サイトとは若干手順が異なります

  1. コマンドプロンプトで「gpedit」と入力し、「ローカル グループ ポリシー エディター」を開きます。
  2. 左側のツリーから、[コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[ネットワーク]→[Lanman ワークステーション] を選択します。
  3. [安全でないゲスト ログオンを有効にする]をダブルクリックし 、[有効]を選択して[OK]ボタンを押下します。

以上、すんなりアクセスできました!
そもそも「Lanman ワークステーション」って何よ?
Linux系のサーバーばかり扱っているので、Windows Serverがど~もわかりましぇん!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket


コメントを残す

Amazon プライム対象