ESXi 7.0から8.0にアップグレードする手順(超簡単!)

esxi8-upgrade
  • URLをコピーしました!

ESXi 6.5から運用が始まった自宅サーバーも、ついにバージョン8.0になりました!
今回はESXi 7.0から8.0へのアップグレード手順をご紹介します。
以前にも増して簡単アップグレードができます。

目次

ESXi 8.0へはCLIからアップグレード!

ESXi 8.0アップグレード方法を調べると、いくつかヒットすると思いますが、特に多かったのはvCenter ServerからGUIでアップグレードするもの。
しかしながら、我が家の自宅サーバーはスペック不足でvCenter Serverを導入していないので、ESXiホストのSSHコンソールからCLIで作業します。

【事前準備】ESXi 8.0のライセンス取得

アップグレードする前に、ESXi 8.0ライセンスを取得しておきましょう。
ライセンスは、アップグレードした後に管理画面からライセンスの割り当てを行います。
ESXi 8.0ライセンスキーは以下のURLから取得できます。
※ライセンスを取得するにはVMwareのアカウント登録が必要になります

リンク先ページの「ライセンスとダウンロード」タブの下にある「ライセンス情報」に、以下のようにライセンスキーが記載されています。

コンポーネント有効期限ライセンス キー
VMware vSphere Hypervisor 8 LicenseXXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
ライセンスキーの表示場所

アップグレードのコマンドは2行だけ!

前回のアップグレードでは、ISOイメージやOffline Bundleを用意する方法でしたが、今回のESXi 8.0へのアップグレードでは、なんと準備が一切不要で、CLIからたった2行のコマンドだけで完結しちゃいます。
その魔法のようなコマンドがこちら!

後は指示に従いつつ、待つだけで完了です!
コマンドの詳しい解説やその他のアップグレード方法については、以下の参考サイトをご覧ください。

アップグレードが完了後

ESXi 8.0バージョンアップが完了したら管理画面を開き、ホストの「管理」→「ライセンス」→「ライセンスの割り当て」から、上記で取得したESXi 8.0用のライセンスを割り当ててください。
また、ゲスト側も最新の状態に更新してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれ福岡育ちの文系プログラマー。
テクノロジーの恩恵を感じながら日々精進しています。
広く浅くをモットーに、最近ではプログラミングだけでなく、仮想サーバーからセキュリティ、監視システムなども勉強中です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次